HOORAYの大きなミッションとして、

「児童発達支援・放課後等デイサービスの “正しい情報” を伝えたい・知ってもらいたい」

という想いを持って活動しています。

 

HOORAYのある大竹市は、人口3万人に満たない小さな町です。

しかし小さな町だからといって、受けられるサービスの種類や質に差が生ずるようなことは、本来決してあってはならないことです。

それが小さな町でも大都市でも、そこには支援を必要とする子供が必ずいます。そしてその子供にとっては、自分が住んでいる町が大きいか小さいかは全く関係ないのですから。

 

ただ残念なことに現状では、特に地方の小さな都市においては、中々十分なサービスを受けるのが難しいという状況があります。

というよりもその遥か以前の問題として、

  • そもそも「児童発達支援」「放課後等デイサービス」という支援を受けられる事自体を知らない
  • サービスは一応知っていても、“正しい内容” が伝わっていない

という問題点もあります。

 

 

そこで我々HOORAYでは、まずはとにかく「児童発達支援・放課後等デイサービスの “正しい情報” を知ってもらうこと」を念頭に、周知活動に力を入れています。

日々の子育てで悩んでいるお母様方や、お子様の発達に不安な点がある保護者様に向けて、気軽に何でも相談できる「ママカフェ」や、このエリアでは唯一の「ペアレントトレーニング教室」も定期的に開催しています。

まずはお気軽に、一度ご相談してみて下さい。

 

 

保護者様から頂いた質問

Q 利用にはものすごくお金がかかるのでは?

【回答】 児童発達支援・放課後等デイサービスは公的なサービスですので、一般的な学習塾等と比較すれば利用料金は低額です。そしてその利用料金も「月額上限」が決まっていますので、利用回数がいくら増えようとも、その上限額を超えないようなシステムにもなっています。(料金についてはまた後ほど詳しく解説します)

 

Q 保育園や幼稚園に通っていたり、小学校などで普通級の子は通えないんですよね?

【回答】 いいえ、そんな事はありません。当施設にも小学校でなどで普通級の児童がたくさん通っています。ただし、児童発達支援・放課後等デイサービスの利用には「受給者証」が必要になります。
これもまた後述しますが、HOORAYでは受給者証取得までを完全サポート致しますので、児童発達支援・放課後等デイサービスの利用を検討されている方は、通っている保育園・幼稚園・学級に関わらず一度ご相談下さい。
※児童発達支援の場合は、保育園や幼稚園と同様に通うことができ、併用することもできます。

 

Q 施設まで送り迎えしないといけないんでしょうか?

【回答】 HOORAYでは、お子様の送迎もさせて頂いております。
「学校から施設へ」そして施設での活動後は「施設からご自宅へ」、責任を持って送り迎えをさせて頂きます。
お仕事やパートの都合などで、どうしてもお子様のお迎え時間が取れないお母様など、是非積極的に放課後等デイサービスを活用して頂ければと思います。
※児童発達支援は、より安全面を考慮し保護者様の送り迎えをお願いしています。

 

児童発達支援・放課後等デイサービスの概要

児童発達支援・放課後等デイサービスは、2012年4月に定められた児童福祉法としての社会福祉事業です。

児童発達支援は療育を必要とする主に0歳~6歳までの未就学児が幼稚園や保育園と同様にまたは併用して通う施設になります。
放課後等デイサービスは療育を必要とする、主に6歳~18歳の就学児童・生徒(小学生・中学生・高校生)が、学校の授業終了後や長期休暇中などに通う施設になります。

 

ご利用料金等

児童発達支援・放課後等デイサービスの利用においては、市区町村発行の「受給者証」があれば9割が自治体負担となり、1割が自己負担となる制度です。

利用料金は自治体によって定められており、また、ご利用者様の負担料金については、利用回数に関わらず「上限金額」が設けられておりますので、何回利用してもその上限金額を超えてご負担頂くことはありません。

※ただしご利用料金・上限金額については世帯収入によって変わってきます。詳しくはこちらのページをご覧ください。

⇒ ご利用までの流れ・ご利用料金について

 

児童発達支援・放課後等デイサービスの役割

  • 自立の支援と日常生活の充実のための活動
  • 創作活動、表現する喜びの体験
  • 地域交流の機会の提供
  • 余暇の提供

療育を必要とするお子様への支援の場、居場所づくりの役割とともに、御家族に代わって一時的なケアを行うことで、日々の疲れを取ってもらう”レスパイトケア”としての役割も担っています。

学校~ご自宅の送迎が必要なお子様をお持ちで、これまでフルタイムでのお仕事に就くのが困難だった保護者様等も、児童発達支援や放課後等デイサービスを積極的に活用されています。

 

療育手帳や障がい者手帳がなくてもご利用いただけます

児童発達支援・放課後等デイサービスのご利用にあたっては、療育手帳や障がい者手帳がなくても、市町村が発行する受給者証があればご利用いただけます。

HOORAYでは、受給者証取得までを完全サポートいたしますので、育児やお子様の成長にお悩みの保護者様も、お気軽にお問い合わせください。

※携帯電話からも繋がります。
free3